走行距離が短ければ良いというわけではない

査定のポイントとなる項目の一つ「走行距離」

走行距離が多ければ多いほど、査定額が下がるというのが基本ですが、少なければ良い!という訳でもないそうです。

年式がそこそこ古いのに走行距離が少ない車は使用されていない期間が長いと考えられ、それが原因になるトラブルが心配されます。

車はエンジンを適度に動かすことでコンディションを保ちます。
使用していないから劣化が少ない、というわけではないのです。

査定前に慌てて、整備やメンテナンスをするのではなく、普段から大切に扱っている車の方が高値が付くのは納得できますね。

普通車の走行距離には目安があります。
大体1年で1万キロ。

年式と走行距離を計算し、適当であるか、これを査定では見るそうです。

もちろん、過走行も査定が下がる原因になります。
10万キロを越すと、車の寿命も短くなってしまいます。

査定では、3万キロ、5万キロ、10万キロのラインで査定が下がるという事になるそうです。

車買取比較.com