査定額。こんなに安いの!?

一括査定で、5社の買取業者が査定をしに来てくれることになりました。

まず、1社目。
ドキドキで査定額を聞くと、120万円と言われました。

「ほー。なるほど。」

しかもその営業マンいわく、今即決で契約してくれると少しプラスできるかもしれないそうです。しかしこの後、他の買取業者が査定に来る約束をしているのでここでは契約はせず、「他の業者さんの話を聞いてから決める」と伝えお帰りいただきました。

その後、次の業者さん。そしてまた次の業者さんが来ました。

なぜか、複数社で見積りをしてもらうと面白いことに査定の金額が上がっていきます。中には、他の買取業者が提示した金額を聞いて、

「 ◯◯社が130万出すんですか、それならうちは140万出します!」

そう言ってくれました。

どんどん金額が上がるのは、嬉しいけど・・・。

それなら初めの120万ってなんなんだ!!
1社めで契約してしまったら大損じゃないか!

120万なんて安っ!!と、思ってしまいます。

ですが、これが普通の現象なんだそうです。

車種によって大体のベースになる金額が実は決まっています。しかし、買取業者はそれ以上に、価格を上げられる金額の枠を持っているみたいです。

これは自分たちがオークションで何かを買う時と全く同じ現象です。

欲しい物を、オークションで買おうとします。
まずは、出品者が提示している最低価格で入札します。

例えばブランドのお財布(定価:5万円)が1,000円で出品されています。
安いと思い飛びついて1,000円で入札。もしこのまま誰も入札してこなければ、めでたく1,000円で落札です。

しかし、さすがにブランド財布(定価:5万円)。次々と入札が入り、あっという間に3万円になりました。

このお財布にこれ以上の価値は無いな。と判断した人はこのまま引き下がります。3万円でも、それ以上でも欲しい!という人は引き続き入札を繰り返し、最終的に誰かが落札します。

その時、定価より高い値が付いているかもしれません。レアモノであったり、それ以上で転売する予定があれば、その人にはそれ以上の価値が見込めるのでお金を出せます。

オークションは、自分のほしい物を見つけると熱心になってしまいます。他の人に取られないように、自分も負けずと入札します。

でも、もし最初の金額や、低い金額で落札できれば本当はラッキーでした。
同じ価値のものでも、できれば安く落札したいのが本心です。

それは車の買取業者も全く同じです。

それ以上の価値が見込めるからこそ価格を釣り上げてくれますが、最初の提示金額が理想です。

何社も訪問されて査定をするのは時間もかかるし面倒。と思っても、ちょっとだけ頑張ってみてください。例えば、複数社の車査定を一日で終わらせて仮に査定額が20万上がったら、日給20万円換算になりますよね。非常にお得だと思いませんか?

一括査定で複数社に見積もりをとってもらうと、思った以上の査定額を引き出せるかもしれないので、複数社に一括査定をすることがオススメです。

車買取比較.com