下取りと買取り、どちらが高額?

下取り価格の相場は、買取り価格の相場よりも低いです。

理由
  • 下取り額を抑えても、お客様が納得してくれる。
  • 欲しい車(高値で売れる車)ではなくても買い取らないといけない。

営業マンは高額な査定を出したように言います。

「この店で新しい車を買うのだから、どこよりも高く下取りしてくれるだろう。」

というのが、勝手に持ってしまっているイメージです。もちろん、販売店の営業マンは高値を付けるために頑張っている様子で査定額を出してくるでしょう。

でも、これは営業トークでしかありません。

販売店で下取りしてもらった方が手間も少なく、楽なため、提示された金額で納得してしまうという部分もあるでしょう。

その車を買うのは実は販売店にとってはリスクです。

高値で売れる車なら販売店も嬉しいです。しかし下取りをした車が、今後売れない可能性もあるのです。その時は販売店が在庫を抱えることになります。

つまり、売れなかった時のため、販売店のリスク軽減のために下取り額は抑えてあるのが当然なのです。

下取った車を販売店が、買取りの業者に転売することもあるのでその際の差額も下取り価格で調節されています。また、営業マンが買取り価格と、下取り価格を比較のために提示してくれた場合でも、 その買取り価格自体、買取専門店での買取り査定額でない場合が多いです。

あくまで、このデータは同じ販売店で算出した数字であって、もし営業マンが下取りを強く進めたとしても、新しい車を買ってもらいたい、下取り価格は抑えたいという本音があることを忘れてはいけません。

一番多い下取りの不満

  • 価格が安い
  • 下取り価格の明細書の内容が明確でない

買い取りが面倒という方へ

買い取りをお願いするのは業者選びから何から面倒だからディーラーや車を購入する販売店で下取りしてもらいたい。

という方が実は多いのですが、過去に下取りと買い取りの実際の価格を比べて25万円位の差が出たこともあるそうです。

まずは、3分でできる無料見積りで愛車の大体の価格を調べてみてはいかがでしょうか。もし、既にディーラーで愛車の下取り価格を聞いていたのなら、その価格差にとても驚かれるでしょう。

車買取比較.com