ローンが残っている車でも売れる??

ローンを組んでいる場合、一般的に車の名義はディーラーや信販会社になっています。( 自分名義になっている場合、手続きなど必要なく売却することができます。)

所有者名義がディーラーや信販会社のままでは車の売却はできません。

車のローンの完済をし、所有者名義解除の手続きをして
車の名義を自分に変更しなくてはいけません。

必要な手続き
  • 車の所有者名義を自分に変更する。( 所有権解除の手続き )

ローンの返済に査定額を充当する。

車の査定額を、ローンの残額に当てることができます。

車の売却が決まった時には、
車売却の価格 - ローンの残額 = 支払われる金額
になります。

査定額がローンの残額に充たない場合

査定額がローンの残額より少ない場合、残額を新しいローンで組み直すことで
所有者名義を自分名義に変更することができます。

ローンの残額を新しい車のローンと合算して組むことも
所有権解除の手続きを販売店に代行してもらうことも可能です。

車を購入したお店か、買取り査定をお願いする販売店で相談してみましょう。

所有権解除のお手続きに必要な書類

  • 印鑑証明書( 発行日より3ヶ月以内 )
  • 販売店の委任状
  • 自動車検査証( 車検証 )
  • 自動車税納税証明書
  • 実印

※登録検査印紙代や代行手数料がかかる場合もあります。

車買取比較.com